ここから本文になります。

ツクイってどんな会社?
ツクイのあゆみ since 1969

“介護が本当に大変だと知ったこと、だからこそ介護の仕事をして世の中の役に立ちたい”という創業者津久井督六の決意、これがツクイの福祉サービスの原点です。
その願いとともに、ツクイは時代のニーズに応えながら進化を続けています。

会社創設~福祉創業

会社創設

1969年 創業者津久井督六が横浜市港南区に津久井土木株式会社を設立
1978年 同区下永谷に新社屋移転、津久井産業株式会社へ社名変更

エピソード

当時の訪問入浴サービスの様子

土木建設の会社でノウハウを学んだ後、独立して津久井土木株式会社を設立しました。高度経済成長の波に乗り、経営は順調でしたが、その一方で創業者津久井督六の実母が認知症を患いました。当時は介護事業者も少なく、認知症に対する世の中の理解も進んでいませんでした。母の介護を目の当たりにして、介護する家族の苦労を初めて知りました。
そして母のような認知症の方が入れるような施設があればと考え、津久井産業株式会社の事業の一つとして、福祉事業への参入を決意しました。

福祉創設

1983年 福祉事業部設立、訪問入浴サービス開始
1987年 社会福祉法人ひまわり福祉会設立、特別養護老人ホーム野庭苑開設

エピソード

津久井産業株式会社に福祉事業部を立ち上げると、日本ではまだ珍しかった移動入浴車2台を導入し、従業員6名で訪問入浴サービスを開始しました。
一方、母のような認知症の方が入れる施設を建てたいと奔走し、構想から10年、特別養護老人ホーム野庭苑を開設することができました。当時、特別養護老人ホームの運営は社会福祉法人等に限られていたため、社会福祉法人ひまわり福祉会を設立しました。

措置の時代

介護事業拡大

1992年 訪問介護サービス開始、現社長の津久井宏入社
1998年 デイサービス開始

エピソード

デイサービス1号店「ふれあい」

訪問入浴サービスに続き、その提供を通じて知ったご家族さまの介護ニーズから訪問介護サービスを始めることになりました。その後、日本の高齢化が進むにつれ、介護の重要性が見直されていきました。そんな折、厚生省(当時)がデイサービスの民間委託を認め、その直後にツクイは金沢市からデイサービスの委託を打診されました。これが記念すべきツクイのデイサービス1号店となりました。

福祉事業に専念

1999年 株式会社ツクイに社名変更

エピソード

平成12年4月の「介護保険制度」のスタートを1年後に控え、介護市場には新規参入が相次ぎました。措置の時代には介護サービスは自治体からの受託でしたが、介護保険法により自由競争となり本格的な競争が始まると考え、建設業を廃業し福祉事業に専念することにしました。

介護保険制度

介護保険制度

2000年 介護保険制度開始

エピソード

初の介護付有料老人ホーム「ツクイ・サンシャイン保土ヶ谷」

1980年代末から構想されてきた介護保険制度が2000年4月に施工されました。
介護を必要とする高齢者を社会全体で支え合う仕組みが創設され、これにより福祉サービスが「措置制度」から「契約制度」へと転換されました。お客様は自ら介護サービスの種類や事業者を選んで利用できるようになりました。

介護事業の発展

2001年 一般労働者派遣事業開始
2003年 グループホーム開始、ショートステイ開始
2003年 有料老人ホーム事業開始

エピソード

介護保険制度の開始により、ツクイでは介護に関する新たな事業にも着手しました。
多くの民間企業が介護業界に参入すると同時に多くの労働力が集まってきました。そこで、人材が不足することを予測し一般労働者派遣事業を、また在宅介護サービスのひとつとして位置づけられた認知症の方々を対象としたグループホーム、介護を必要とするお客様にトータルケアを提供することができる介護付有料老人ホームの運営を開始しました。

証券取引所上場~現在

証券取引所上場

2004年 日本証券業協会に店頭登録(株式公開)
株式会社ジャスダック証券取引所に上場(現 東京証券取引所 JASDAQ市場 スタンダード)※2011年に上場廃止
2011年 東京証券取引所市場第二部に上場
2012年 東京証券取引所市場第一部に指定

エピソード

福祉創業30周年記念式典

平成12年4月に介護保険制度がスタートし、増大する高齢者に「ツクイを広く知ってもらいたい、安心してご利用いただきたい。」との想いから上場プロジェクトをスタートさせました。2年にわたる準備期間を経て、平成16年にジャスダック証券取引所*に上場しました。その後、東京証券取引所市場第二部上場、同第一部指定を果たしました。
*現東京証券取引所 JASDAQ市場スタンダード

現在

2013年 福祉創業30周年
2013年 サービス付き高齢者向け住宅プロジェクト開始
2014年 2013年度「なでしこ銘柄」に選定
サービス付き高齢者向け住宅事業開始

エピソード

東京証券取引所市場第一部指定を成し遂げた後、津久井督六が代表取締役会長に、当時副社長の津久井宏が代表取締役社長に就任し、新体制が動き出しました。その翌年、節目となる福祉創業30周年を迎えました。
ツクイはこれからも「福祉に・ずっと・まっすぐ」力強く歩んでいきます。