ここから本文になります。

「そばサラダ」・「金時豆のケーキ」

はらぴー
ん~。あれ?なんだっけ?イタリア料理によく使うあのハーブ…え~と…。
すずやん
オレガノですか。
はらぴー
そう!!最近言いたいことがすぐ出てこないんだよね。
すずやん
年齢のせいですかね?記憶力がよくなる食べ物はないんですか?
はらぴー
記憶力にいい食べ物か。あるよ!オムレツやプリンに使う…。え~と…。
すずやん
卵ですよね。…今すぐ食べてください!
はらぴー
はい…。

+++ はらぴーメモ +++

卵の期待される働き

卵は良質なたんぱく質が豊富で、人間の体内では作れない必須アミノ酸すべてがバランス良く含まれており、疲労回復や内臓の働きの活性化を助けます。また、栄養素がバランスよく含まれているため、成長促進、筋肉強化、体力向上、代謝活動の促進、免疫力向上、老化防止などの効果が期待できます。

卵に含まれる主な成分について

コリン

卵黄に含まれるコリンは、体内で神経伝達物質アセチルコリンに変わり、記憶力や学習能力をアップさせます。さらに、卵は全食品の中で最もコリンの含有率が高く、吸収のしやすさでも飛びぬけて良質です。そのため、コリンがアルツハイマー病の予防に有効という研究も注目を集めています。

リゾチーム

卵白に含まれるリゾチームは、体に有害なウイルスを溶かす働きを持つ酵素です。殺菌効果抜群で免疫力を高めるので、風邪薬にも使われています。

その他、ビタミンD、カルシウムなども含まれています


はらぴーの豆知識 ~卵でコレステロールが上昇?~

栄養満点の卵、たくさん食べたいけれどコレステロール値が上がるから、1日1個まで…なんて話、聞いたことありませんか?実はこの俗説、ウソなんです。食物から摂取したコレステロールがそのまま血中コレステロール値を上げることはありません。卵黄に含まれるレシチンというリン脂質は、悪玉コレステロール値を低下させる働きがあるのです。厚生労働省より、卵を食べる回数とコレステロール値、心筋梗塞の発症に関連性はないという結果も出ています。


レシピ提供:

ツクイ豊中西緑丘

(大阪府豊中市)

ツクイ豊中西緑丘は、季節感を大切にした手作り料理が評判のデイサービスです。食事イベントは「見て良し、食べて良し、感じて良し」の料理でもてなし、思い出に残る1日をご提供できるよう、スタッフ一丸となって頑張っています。

◎ 作り方
  • 1. 野菜は千切りにし、大葉以外を茹でてザルに上げておく。
  • 2. そばを表示通りに茹で、冷水でしめて水気を切る。
  • 3. 「A」を混ぜ合わせ、とろみ剤を加えてとろみをつける。
  • 4. お皿の上にそば、野菜の順で盛り付け、3をかけたら大葉をのせて完成。
◎ 作り方
  • 1. ボウルに「A」を入れ、よくかき混ぜる。
  • 2. 炊飯釜に油(分量外)を塗り1を流し入れ、炊飯スイッチを入れる。
  • 3. 15分位したら炊飯器の蓋をあけ、生地の上に粗く刻んだ金時豆をのせる。
  • 4. 炊き上がったらお皿に移し、キッチンペーパーとラップをかけて冷ます。(しっとりとした食感に仕上げるため)
  • 5. 粗熱が取れたらカットし、上から粉砂糖をかけて完成。