介護予防・日常生活支援総合事業

介護予防・日常生活支援総合事業とは、要支援や要介護者だけでなく、65歳以上の元気な高齢者が要支援・要介護の状態とならないよう自立した生活を続けていくための事業です。

介護予防・日常生活支援総合事業は、地域ごとに内容は異なります。各自治体の窓口や地域包括支援センターへお問い合わせください。

こんな方におすすめ!

  • できるだけ元気に過ごしたい
  • 住み慣れた自宅で暮らしたい

サービスの特長

介護予防・生活支援サービス

要支援1・2の方と、今後要介護・要支援となるリスクが高いと判定された高齢者を対象としたサービスです。
「訪問」による自宅の掃除や洗濯等の日常生活支援を行うサービス、「通所」による身体機能および生活機能の改善を主とした体操教室や栄養改善等のプログラムを提供するサービス、その他、配食・見守り等を提供する生活支援サービス等に分けられます。

一般介護予防

65歳以上の全ての高齢者を対象としたサービスです。
介護予防体操教室、介護の専門家を招いた講演会、訪問指導・相談などを行います。

サービス内容の向上に向けた取り組み

介護相談窓口「ツクイ・ケアコミュニティ」
地域の皆さまの健康で安心な生活をサポートするため、介護予防体操教室や、介護の専門家を招いた講演会などを行っています。

「ツクイ リーフウォーク稲沢」
愛知県稲沢市内にあるショッピングモール内で、デイサービス(総合事業・通所型サービスA)を運営しています。

TOP