居宅介護支援(ケアプラン作成)

介護サービスをご利用されるときには、 「ケアプラン(介護サービス計画)」の作成が必要です。ケアマネジャーがお客様の健康状態や生活環境などに適したケアプランをご提案し、状況の変化に応じたサービス内容の調整も行います。

こんな方におすすめ!

  • 介護サービスを受けることになった方(相談したい方)

お客様に適したケアプランのために

ケアマネジャーは、地域および医療機関との連携を通じて、お客様に適したケアプランの作成を行っています。変化するお客様の状況に応じて、様々な知識や情報を得ることで、常にお客様に最適な介護環境の提案をおこなっています。

What’s『ケアマネジャー(介護支援専門員)』

ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護や支援が必要な方が介護保険のサービスを受けられるように、ケアプラン(介護サービス計画)の作成や介護サービス事業者との調整を行う介護の知識を幅広く持った社会福祉の専門家で、居宅介護支援事業所や地域包括支援センターなどにいます。

「要支援・要介護」認定の申請から介護サービス開始まで

  • 1 介護認定の申請

    介護サービスをご利用いただくためには、お住まいの市町村に、「要支援・要介護」認定の申請を行います。

  • 2 契約・アセスメント

    ケアマネジャーがご自宅を訪問し、お客様の状況、性格、ご家族の状況、お困りのことなどを伺います。

  • 3 ケアプラン作成

    アセスメントの内容をもとに、お客様の自立支援に向けた目標を設定し、ケアプラン(介護サービス計画)を作成します。ケアプランの内容に同意いただきましたらご利用開始です。

  • 4 サービス開始

    ケアプランにそった介護サービスを開始します。

  • 5 定期的なモニタリング

    サービス開始後も、ケアマネジャーが月に1回以上は、お客様(またはご家族)のご自宅を訪問し、健康状態の変化や、新たな要望がないかなどの確認を行います。お客様に適したサービスを継続的に利用できるように支援します。

サービス内容の向上に向けた取り組み

ツクイではお客様やご家族に適したサービスを提供するため、介護サービス計画書を作成する介護支援専門員(ケアマネジャー)の研修会や勉強会を随時実施。ケアマネジャー同士で情報を交換しあい、計画書を相互チェックするなど、スキルの向上に努めています。

このサービスを検討している方はこちらのサービスもご覧になっています。

TOP