高齢者の介護(身体の変化)

高齢者の身体の特徴と変化

年齢を重ねることで、身体機能の低下や免疫力、抵抗力の低下など、少しずつ身体に変化がでてきます。いつまでも自分らしく生活していくためには、高齢者の心身の特徴を理解することが大切です。

高齢者の身体機能の低下の原因は、加齢に伴う低栄養

このような高齢者の身体機能の低下には、加齢に伴う低栄養が関係しています。

低栄養とは?
食事が食べにくい、食欲の低下などの理由から少しずつ食事量が減少して、身体を動かすために必要なエネルギーや筋肉や皮膚、内臓などを作るたんぱく質が不足している状態のことをいいます

低栄養は、歯の残存数の減少や歯周病、噛み合わせの悪さなどによって食べ物を細かく噛み砕く咀嚼(そしゃく)機能の低下と、舌の動きや飲み込み機能の低下などの嚥下(えんげ)機能の低下による摂食嚥下機能の低下によって起こります。

また、低栄養になると、身体を動かすために必要なエネルギー源や筋力・筋肉量の低下によって、疲れやすくなります。筋力が低下することで歩行機能が低下して、日常生活活動量が落ちることで、食欲もなくなってきます。そうすると、食事量が減り更に低栄養になる悪循環となります。

身体機能低下を防ぐには、「食事」と「運動」のバランスが重要です。バランスの取れた食生活と適度な運動、歯と口の中の健康維持などを目指すことが、いつまでも自分らしく生き続けるための秘訣となります。

TOP